生放送

今朝はひさびさにゆっくりした朝ごはん。

というのも、先週、無事にWDRの仕事を終えたので、もう朝暗いうちにケルンに出かけなくてもよいのです(笑

 

そう、金曜日は合唱の本番でした♪

当日はラジオにライヴで流れるということで、今までにない緊張感のもと演奏会は行われました。

 

まず合唱団がたくさんのお客様の拍手に迎えられ舞台に登場。舞台には何本もの録音マイク。

 

静寂。

 

指揮者がなかなか現れず。とりあえず合唱団着席。

 

静寂。

 

みんなの目がきょろきょろ。お客様もソワソワ。

でも沈黙。。。。。。

 

だって生放送だもの。

 

だれもが「もう録音されているの??」「ラジオ始まってるんだよね??」

と思った瞬間、会場にラジオのコマーシャルが流れ・・・

 

あーなんだー、まだだったのかーというため息とともに、ドッと笑いが起こりました。

ふぅ。私もホッとして深呼吸。

楽譜の確認でもするか、とファイルを手に、しばし楽譜を眺める。

 

しばらくすると、解説者が現れ、曲紹介とともにいよいよ生放送開始。

今度こそ静寂、静寂。

と思っていたら、後ろからなにやら声が。

 

「カバーなし!」

 

なんのことやらさっぱり。

少しすると、またもや声が。

 

「楽譜カバーなしだよ!」

 

「?????

          え、私????!!!!!」

 

そう、それは私への忠告でした。

今回5つの作品を演奏したのですが、最初の2作品は楽譜カバーなしで歌うんだそうで、(聞いてないよー!!!)それを知らなかった私は演奏会前にわざわざご丁寧にファイルの中に楽譜をすべてセットしてしまっていたのです・・・

 

曲紹介はすでに終盤。指揮者がそろそろ現れる!という焦りと、録音中のマイクを前に、音をたてまいと必至で楽譜をファイルから取り出し。。。ひぃ。

 

なんとかギリギリで間に合いましたが、いやはや、本当に焦りました(汗

演奏自体はグレーザー氏のあたたかい指揮のもと、プロの合唱団の底力を目の当たりにした感じで、音楽を心から楽しめたのでよかったです。

今度はちゃんと事前にカバーの有無を確認します(笑

 

さて、週末ものんびり過ごしたし、次へ向かってスタート!と言いたいところですが、

なぜか頭の中にはア・カペラの曲がぐるぐる @_@

夢の中でもぐるぐる・・・はぁ、寝た気がしない。

 

いい音楽はいつまでも残るものですが、今回はちょっぴり困りもの。

早く新しい曲を勉強しなくちゃ。

 

あ、11月のオペラは12月に延期になりました。

なので、少しじっくり準備ができそうです。

 

何はともあれ、いろんな思いをした本番でしたw