日本の春楽しんできました

ドイツへ戻ってきて3日が経ちました。

翌日からWDRでのお仕事のため毎朝電車通勤ですが、

どうにか今週3日間乗り切りました。

 

今回は2週間ほどの日本滞在でしたが、

なかなか濃い時間を過ごさせていただきました。

 

帰国早々にはConcert Portさんのもと、録音のお仕事をさせていただきました。

芸大同級生で指揮者のコモリンこと小森康弘さんとの共演。

コモリンとは以前にも”ばらの騎士”組曲で一緒に演奏したことがあり、

今回久々の共演に胸が高鳴りました♬

 

作品はワーグナー《ヴェーゼンドンク》。

これまた大曲^^;

録音というのは本当に難しいもので、

限られた時間の中で仕上げるのにとても苦労しました。

帰国前に引いた風邪が尾を引き、万全な体調で臨めなかったことが今でも悔やまれますが・・・

(ああ、本当になさけない・・・)

でも、”今”の私を聞いていただければ、と思っています。

近いうちにインターネット上で販売されることになると思います。

また詳細はあらためて。

 

そして、帰国直前には、バッハアカデミー山田康弘先生率いる、

メンデルスゾーン《エリア》に出演させていただきました。

山田先生をはじめ、共演者の皆様が本当に素晴らしく、特にエリアをほぼ暗譜で歌われた初鹿野さんには、会場から割れんばかりの拍手とブラボーが贈られました。これほどの大役をほとんど楽譜なしに演じている姿に(まさに演じていたと私は思います)、隣に座りながらその迫力に圧倒されました。よほどしっかり体に叩き込まないとああはできないことですね。とてもいい勉強になりました。

 

山田先生、エリア、そして女声ソリスト
山田先生、エリア、そして女声ソリスト
エリアをえーいって殺しちゃうシーン。みんな笑顔ですw
エリアをえーいって殺しちゃうシーン。みんな笑顔ですw

やっぱりエリアはいいですね♡

こんなにも自然と音楽の中に身を置ける作品は、そうそうないと思います。

作り出されたというよりは、生まれたというのでしょうか。

演奏会から一週間たとうとする今でも時々あの美しい音楽が頭の中に浮かんできます。

あぁ、幸せかな^^

 

山田先生とは10月に歌曲リサイタルで再共演させていただきます!!!

こちらでもメンデルスゾーンの歌曲を取り上げる予定ですので、

是非お楽しみに♬

詳細はこちら→スケジュール

 

 

あわただしくドイツへ旅立ちましたが、

滞在中には笑いあり涙あり、

素晴らしい先輩や仲間に恵まれていることに

感謝する瞬間ばかりでした。

 

日本の春を堪能し、しっかりエネルギーを蓄えたので、

また皆様にお会いできる日まで、しっかりパワーアップを図りたいと思います!!!