WDR 新曲録音

私にとっての怒涛の一週間。

無事に成し遂げましたので、一つずつ更新です。

 

先週WDRでは、新曲の録音と、その初演コンサートがありました。

今回の編成は、女声合唱+サックス四重奏というもの。

Lena Auerbachという女性作曲家による作品。

Christian Morgensternの詩につけられた曲は、どれもウィットに富んでいて、

女声ならではのカラーもしっかり考慮された、かわいらしい作品でした。

 

今回のあっぱれはサックス四重奏の皆様。

サックスの生演奏をたっぷり味わうのは今回が初めだったような気がします。

とにかく、音色が鮮やかなこと。

え??これサックスの音??と目を(耳を)疑うような音色が次々と現れ、

表現力と様式感のセンスが後押しをし、本当に素晴らしい演奏を聞かせてくださいました。

 

Rascher Quartett。

私は存じ上げませんでしたが、かなり有名なグループだそうです。

要チェック☆

 

Rascher Quartett
Rascher Quartett

 

 

録音はコンサート会場でもあるケルンのTrinitatiskircheで行われました。

 

 

 

 

真っ白に塗り替えられた壁に、淡いステンドグラス。

真ん中の鳥のモチーフに、まるで孔雀のように広がる模様が素敵ですね。

 

写真は一瞬太陽が差した瞬間のものです。

教会って外のお天気によって表情が変わるので、

その瞬間にいろんな感情が芽生えます。

 

残念ながら今ドイツはいやーな天気に覆われ、5月というのに教会は底冷え。。。

その中で長時間の録音。。。。

いろんな意味で精神を鍛えられました^^;

 

連日の録音にさすがにお疲れのメンバーでしたが、

コンサートでは、指揮者による解説やサックス奏者のインタビュー、

演劇家による詩の朗読にはお客様も合唱メンバーも大笑いの場面もあり、

メンバー共々最終的には楽しくこのプロジェクを終えることができホッとしております♬

 

さあ、WDRまだまだ続きますよ!週末の休みが・・・^^;いえいえ楽しみです!