四国の旅 その2

四国学院のメサイアの公演後、

後ろ髪をひかれつつ、その日のうちに(正確には日をまたぎましたが^^;)

電車と列車を乗り継いで徳島へと移動しました。

 

お~善通寺駅。夜は無人なのですね^^

切符買っておいてよかったぁ。

特急でまずは高松へ。

2,3分遅れての発車でのんきにみかんをほおばりながら座っていると

車内アナウンス。

なんと高松での乗換はもともと3分しかなく、

超ギリギリになるとのこと。

めっちゃ走りましたw

走った甲斐あり、無事に「特急うずしお」にのりこみ徳島へ。

 

翌日は大塚製薬の敷地内にあるヴェガホールという会場にて、

森晶彦先生門下の演奏会がありました♪

徳島の門下生が1年の成果を発表する場でありますが、

私はちょうど香川にいるということで一緒に歌わせていただく機会をいただきました。

 

徳島の皆さんとお会いするのは初めてでしたが、

同じ発声メソードをもった方々とご一緒するのは久しぶりで、

久々に刺激を受けました。

 

何しろ皆さんの演奏会にかける思いが素晴らしく、

演奏はもちろん、楽屋での時間、リハーサル、

皆さんのまっすぐな姿に身が引き締まりました。

 

私はブラームスとシューマンの歌曲を歌いました。

うーん、難しかった。

門下生としてお手本にならなければ、というプレッシャーと

(自分で勝手に感じていただけですが^^;)

自分自身との闘い。

舞台上でいかにその音楽の流れに身を置くことができるか。

当たり前のようで本当に難しいこの課題。

当面の自分のテーマになりそうです。

 

ただ、久々に師匠と音楽を交えた時間を過ごし、

新たな発見と、大事なことを思い出させていただきました。

 

もっとゆっくり滞在できればよかったのですが、

翌日に備え、演奏会後そのまま徳島阿波踊り空港へ。

エントランスでは阿波踊りを踊る銅像たちがお出迎えしてくれ、

スピーカーから流れてくるクリスマスキャロルに合わせて踊っているみたいで、

なかなか面白かったです☆

 

出発前に何か徳島らしいものを!ということで徳島ラーメンをいただきました♡

約17時間の徳島滞在はこうして幕を閉じました。

 

この演奏会を通して得た出会いに本当に感謝です。

また訪れる機会に恵まれることを祈っています。

 

いつか本当のうずしおを見たいです(笑)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    有田 弘子 (金曜日, 10 1月 2014 18:20)

    昨年12月には一緒のステージに立つ機会を頂き、感激しました。もともと子供の時よりピアノが好きで、合唱部の伴奏をし、子供ができてからコーラスを始め、声楽は50の手習い、職業も歯科医ということで、ただただ音楽好き!の私です。森先生とな出会いを頂き、声楽の楽しさを知りましたが、今回坂上先生の歌に出会い、衝撃にも近い感動を覚えました。私にとっては発声と音楽を両立させることはなかなかむつかしいのですが、そのどちらもがすばらしく、もっともっと聞いていたい!そんな思いでした。先生の明るいお人柄にも触れ、また是非徳島に起こしいただければうれしいです。徳島組一同お待ちしています!

  • #2

    na tej stronie (土曜日, 04 11月 2017 00:48)

    niezawarty